利用規約・約款

▲▲ご利用における注意事項PDF▲▲ 

ご利用制限

下記の場合はご利用をお断りしております。ご了承下さい。 

  • 公序良俗に反する場合
  • 施設又は附帯設備を毀損する恐れがある場合
  • 近隣・施設内の他の利用者に迷惑が及ぶ恐れがある場合
  • パーティ、演会、またアルコール類を伴う催し。
  • 火気、危険物を持ち込んだ場合。
  • その他運営上、弊社の方針に添わない場合

また一度承認した場合でも、業務遂行上、緊急やむを得ない事情が生じた場合は利用を取り消す場合があります。

ご利用に際して

(1) 会議・研修会・講演会・試験・展示会等にご利用ください。
(2) ご契約利用時間は必ず厳守してください。終了時間のお知らせ等はこちらから致しません。原則、準備・後片付けの時間も含めてご予約願います。
(3) 室内のレイアウトの変更については、お客様自身でお願いいたします。お帰りの際には、変更前の原状回復をお願いいたします。
(4) 使用された器具・備品等は必ず元の場所に戻してください。また発生したゴミはゴミ袋に入れお持ち帰りください。
(5) 特に汚れが著しく清掃を必要とする場合は、別途清掃料を申し受けます。
(6) ご利用前・ご利用後はフロントにお立ち寄りください。ご利用の確認・清算等をいたします。
(7) アルコールおよび危険物の持ち込みは固くお断りいたします。
(8) 喫煙は、喫煙スペースでお願いいたします。
(9) 休日料金の適用は、当社規定のカレンダーによります。

ご利用における注意点

(1) お持込の荷物・展示物等はご使用者で管理願います。万一盗難・紛失・破損等の事態が生じた場合、その原因のいかなる如何に関わらず、弊社は一切責任を負いません。
(2) 当会場内外の建造物・設備・什器・備品等を毀損・汚損・または紛失された場合、清掃費・修理費等弁償していただきます。
(3) 当会場利用時の駐車場における盗難・事故等の責任においても弊社は一切責任を負いません。

(4) エレベーターがございません。荷物や備品の搬入はセルフサービスとなりますので、ご注意下さい。

(5) 備品をレンタルする際は<レンタル約款>をお守り下さい。

(6) 仮予約は原則10日間有効です。仮予約中のキャンセル料はかかりません。

(7)ノアビル駐車場における車両、その付属装着物又は積載物の盗難、紛失又は毀損については一切責任を負いません。

当社は、駐車場の他の利用者もしくはその他の人の行為又は駐車場内に存在する車両又はその付属装着物もしくは積載物等に起因して被った損害、その他駐車場内で発生した原因に起因して被った損害について責任を負いません。

予約の変更・キャンセルについて

予約時間の変更が発生する場合は、お電話にてご相談ください。

ご利用直前の会場変更や時間帯の変更については、キャンセル規定に準じ差額分のキャンセル料が発生する場合がございます。

 

キャンセルの場合は、お電話またはFAXにてご連絡下さい。

FAXでご連絡頂いた場合は、折り返し弊社押印のキャンセル受領書をFAX致します。その場合、 弊社よりキャンセル受領書がお客様宛に到達した時点でお手続き完了となります。万一、キャンセル受領書が届いていない場合はお手数ですがご連絡下さい。

キャンセル申請書

・お客様の到着が、ご連絡無しで予約時間から60分過ぎた場合、原則、予約はキャンセルされたものとみなします。 

 

キャンセル料については下記の通りとなります(キャンセル受付時間 平日10:00〜18:00)

A) ご利用日の1週間前まで* 無料

B) 6日前からご利用日前日まで 50%
C) ご利用日当日 100%

(*利用日1週間前の平日までにご連絡ください)

長期ご予約のキャンセルの場合

ご利用日程が長期・長時間にわたる場合や、複数会場おさえられる場合は、「長期指定」としまして下記のキャンセル規定が適用されますのでご了承下さい。

A) 正式お申込から60日前まで 無料  

B) 59日前から2日前まで 50%  

C) ご利用日前日、当日 100%

反社会的勢力の排除について

ご利用者は、下記の内容に誓約いただいたものとします。

(1)自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係企業その他の反社会的勢力に該当せず、密接な関係を有していないこと。

(2)自ら又は第三者を利用して、相手方に対して暴力的行為、詐術・脅迫的行為、業務妨害行為を行わないこと並びにその他一切の犯罪行為及び違法行為を行わないこと。

(3)ご利用者が、前項に反する事実が判明したときは、何らの催告を要することなく利用を取り消すことができるものとします。この場合、取り消された当事者は異議を申し立てず、また、その解除した当事者に対して損害賠償を請求しないものとします。

利用契約締結の拒否

当施設は、次に掲げる場合において、利用契約の締結に応じないことがあります。

(1)利用の申込みが、この規約によらないとき。

(2)利用しようとする者が、利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。

(3)利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。

(4)利用に関し合理的な範囲を超える負担を求められたとき。

(5)天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により利用させることができないとき。

(6)利用しようとする者が、暴行、脅迫、恐喝等のほか、暴力的要求行為、その他威圧的な不当要求及び行為をしたとき。

(7)利用しようとする者が、喧騒な行為のほか、危険、不安等を感じさせるなど、利用する他のお客様に迷惑を及ぼす言動をしたとき。

(8)かつて当施設において、本条2,4,6及び7のいずれかに該当する行為をしたことがあるとき。

(9)利用しようとする者が、暴力団、暴力団員、暴力団関係団体又はその関係者であるとき。

(10)利用しようとする者が、暴力団員が役員に就任、又は事業活動を支配している法人その他の団体の役職員であるとき。

(11)利用しようとする者が、反社会的団体やその構成員等社会の秩序・安全に脅威を与える反社会的勢力であるとき。