会議本・書評 · 2021/06/19
テレワークが浸透する中、誰もが思ったであろう疑問「出社しないオフィスなんて、必要なのか?」 ジョブ型って何?在宅勤務の労務管理どうしてる?テレワークって続くの? こうした疑問に答えるべく、日経専門誌の記者が徹底取材し、働き方のニューノーマルを解き明かしていく本『さよならオフィス』 気になった箇所をクリップしてみる。
会議本・書評 · 2021/05/31
・短時間で会社を大変革する『すごい会議』 ・人生がときめく『日産 驚異の会議』 ・面接者 必見!『人事が拾う履歴書、聞く面接』まとめ ・いい会議、悪い会議チェックリスト ・「よい会議」のための準備とは ・朝一番のMS(マーケティング&セールス)会議で社内に革命を巻き起こす
2015/06/17
水戸学の特色としては、第一に、『弘道館記』に「学問・事業、その効を殊にせず」といい、また「文武岐(わか)れず」と述べているように、学問と政治的実践との一致を目指した点があげられ、したがってその学問の内容は、従前の日本儒学とは異なり、政治的にも道徳的にも現実性の濃厚なものとなった。...
2015/06/15
幽谷の思想は、門人の会沢正志斎(1782〜1863。名は安「やすし」、通称恒蔵「こうぞう」)に継承され、文政8(1825)年3月の『新論』の著述に結晶した。...
2015/06/03
江戸時代後期の水戸藩に興った国家主義思想。 水戸学という語は、広い意味では、水戸藩の学問全体をさし、現在では一般にこの意味で用いられることが多いが、狭い意味では、19世紀に入ってからの水戸藩で発達した独特の学風をさし、この語の成立過程からすれば、後者の意味に限定するのが本来の用法である。...
2015/05/29
第2次世界対戦後の世界は、植民地体制が全面的に崩壊し、中国、東欧が共産主義へ移行するなど様相を一変させた。 それにもかかわらず、先進資本主義諸国は1960年代に史上前例のない高度成長・完全雇用時代を実現した。 だが、その代価として、初めは緩やかだったインフレーションがやがて悪性化した。...
2015/05/28
先進工業諸国では、物質的生活の”豊かさ”の浪費的性格はますます強まり、先端技術の急速な発展が未来の可能性を大きく切り開くと同時に、価値ある人間生活とは何かが問い直されようとしている。...